つむじハゲ治し方

原因別!つむじハゲの治し方・・・

”つむじハゲ”と一言で言っても、その原因は人それぞれです。
考えられるつむじハゲの主な原因は以下のとおり!

 

 

つむじハゲの主な原因!

1.頭皮環境の悪化

 

乾いたフケが発生している人、湿ったフケが発生している人は要注意です。
乾いたフケが大量に発生する人は、使用しているシャンプーが頭皮に合っていない可能性が高いです。

 

ドラッグストアで売られいてるシャンプーのほとんどは石油系原料からできているシャンプーです。
石油系原料からできているシャンプーは、脱脂力が強すぎるため、
知らず知らずのうちに皮脂を取り除きすぎてしまっているのです。

 

皮脂を過剰に取り除いてしまっていることで頭皮が乾燥し、乾いたフケが発生してしまっているのです。
湿ったフケが発生している人は逆に、洗髪不足が原因の可能性が高いです。

 

皮脂は、頭皮を乾燥から守り、雑菌の繁殖からも頭皮を守ります。
乾いたフケが発生している人、湿ったフケが発生している人は頭皮環境が悪化しています。
頭皮環境が悪化していると健康な髪は生えてきません。

 

まずは、毎日使用しているシャンプーを見直し、
自分の頭皮に合ったシャンプー(石油系、アミノ酸、せっけん)を使用すべきです。

 

 

2.血行不良

 

頭皮の血行不良が原因でつむじが薄くなっている人がいます。
頭皮の血行が滞っていると髪の毛根に十分な血液が供給されません。

 

頭皮の血のめぐりが良い人は頭皮が青白く、逆に頭皮の血のめぐりが悪い人は
頭皮が黄色っぽいです。頭皮のマッサージや育毛剤を使用するなどして、
血行を促進する必要があります。

 

 

 

3.男性ホルモンの影響

 

加齢とともに増加する男性ホルモン。
男性ホルモンの影響で薄毛が進行することを男性型脱毛法(AGA)と言いますが、
男性型脱毛症のハゲかたにはあるパターンがあります。
前髪が後退していくパターンと、つむじを中心に頭頂部が薄くなっていくパターン。

 

つむじ近辺が局地的に薄くなっているのであれば、AGAの可能性が高いです。
男性ホルモンの作用を抑える育毛剤やプロペシアなどを服用して
男性ホルモンによる作用を抑える必要があります。